バイオ・ノーマライザーの特徴

 バイオ・ノーマライザーは、アカデミッシャン 大里 章 博士によって1969年に開発されました。
 遺伝子組み換えをしていない青パパイヤを、フィリピン国内の自社所有オーガニック認定農場で農薬や化学肥料を使わずに栽培し、独自の酵母・酵素と最新のバイオテクノロジーを用いて発酵・熟成させています。
 安全・品質管理面で国際認証を受けた工場で、化学行程(純粋化や抽出)を一切排除し、防腐剤・着色料などを添加せずに製造した自然食品です。

 当協会は、健康維持・増進、さらに治療面での有効性について数多くの学術論文を有する、安全で無害な機能性食品としてバイオ・ノーマライザーを推奨しています。

食品としての安全性が公的機関の検査によって証明されています。
   

急性毒性検査

  • 0.1%溶液でヒメダカ96時間飼育・・・死亡率0%

LD50(試験動物の急性経口毒性50%致死量テスト)

  • 体重1kg当たり:34.135±1.377g
  • 体重50kgの人に対する換算量は、約1,707g
    (参考:塩約175g、醤油約1,000cc、ビタミンC約600g)

定性・定量分析ならびに有害金属検査

  • 熱量:約3.7kcal/g
  • 重金属・有害化合物は不検出。
イメージ

健康人の血清検査

  • 長期に食べても肝臓や腎臓への有害作用はない。
  • 糖尿病患者の血糖値を病的に悪化させない。
130編以上の論文が世界の公式学会で発表され、次のような有用な機能を持っていることが学術的に証明されています。
   

静菌作用

自然の条件下で、人体に有害な菌の増殖を抑制した。

有害金属イオンのキレート作用と体外排泄作用

体内に蓄積した鉛や、抗癌剤のシスプラチンに含まれる白金などを無毒化し、汗や尿で体外に排泄した。

フリーラジカル調整作用

  • スーパーオキシドラジカルを5%消去した。
  • ハイドロキシルラジカルを95%消去した。
  • SODやカタラーゼを誘発・調整した。
  • 一酸化窒素合成酵素(iNOS)を体内誘発した。
体内レドックス(酸化還元)反応調整作用

免疫調整作用

  • マクロファージを活性させる一方、好中球の働きは抑制した。
  • ガン細胞を強力に攻撃するナチュラルキラー(NK)細胞を活性した。
  • 体内にウィルスがいる時、γ-インターフェロンの産生を高めた。

抗老化作用

第1回国際老化学会(1999年イタリア)で「QOL賞」を受賞。

抗ストレス作用

 バイオ・ノーマライザーは、

  • 病気の原因となる異物、フリーラジカル、ストレスに対する働きと
  • 生体機能(免疫調整、体内レドックス反応など)を調整する働き

 を併せ持っています。

 さらにバイオ・ノーマライザーには、

自然物だけが持つ、必要な時に必要な場所に必要な量だけ、必要な内外分泌物を誘発する働き(合目的性)と、

いろいろな病気の原因に対して、どこから処理するのが最適化を決めて、順序正しく処理する能力(プライオリティー・マネージメント)が備わっています。