適量の見極め方

病名や、症状の重い軽いに関係なく、まず最初に食べる量から始めてください。
翌日から、一日の体調の変化をよく観察し、その日の就寝前に食べる量を見極めましょう。
次のいずれかが感じられる量がその時の適量です。

良い睡眠がとれた(疲労回復できている)。

朝目覚めた時:

  • ぐっすり眠れた。
  • 爽やかに起きられた。
              —–と感じた。
不調が解消した。
 体調チェックリストに書いた不調のどれかがなくなった。

体調の良さを感じた。

   一日が気持ちよく過ごせた。
 身体が軽く感じた。

その他、よく見られる身体の変化

  • 食欲が出る
  • 気持ちの良い便通・排尿回数が増える(病的でない)
  • 疲れることが少なくなる・積極性が出る
  • 体が熱く感じる・汗をかきやすい・のどが渇く
    (新陳代謝が良くなったためで病的ではない)
  • 血色が良くなる
  • 以前に比べ風邪を引くことが少なくなる。
  • 二日酔いが減る

 体調の変化に不安がある場合はカウンセリングを受けましょう。